ミニストップ 笑顔で接客(留学生)インタビュー

今日も”らしさ”が活きている。 ミニストップ

ミニストップの。その人の。「らしさ」がつまった働き方インタビュー

日本語で会話もできるけど、大切なのは笑顔!
この仕事をしてますます笑顔な自分が増えました。

プロフィール

大学卒業までミャンマーで過ごし、2年前に元々興味があった日本へ留学。
現在はビジネス系専門学校の2年生。ミニストップは現在8カ月目。
シフト:17-22時の5時間、週4日程度の勤務。
学校は現在午前中のみ。

ミニストップ・アルバイト・留学生・Yさん

ミニストップ・アルバイト・留学生・Yさん

ミニストップ・アルバイト・留学生・Yさん インタビュー

日本でバイトするならコンビニか居酒屋

ミャンマーでの大学4年間、日本語を勉強していたので日常会話とコミュニケーションは大丈夫です。だけどやはりアルバイト探しのときには、仕事内容がイメージしやすかったコンビニ・居酒屋を考えていました。理由はマニュアルがしっかりしていそうだからです。外国籍の自分でもできそうだと思い、求人広告誌で探していたら、ミニストップがあり、「あ、ソフトクリームのコンビニだ!自分もやりたい!」と思い応募しました!

マニュアルにない会話、気持ちが伝わる言葉

専門学校はほとんどが留学生で、校内での会話は日本語です。普段日常会話を日本語で話す機会はありますが、丁寧語やビジネス日本語は実践する機会が意外と少ないです。ですからここでの接客はとても勉強になります。以前レジで注文を間違えてしまいお客さまに謝るとき、言葉は出てきても謝る気持ちがなかなか伝わらず、お客さまに大変申し訳ない気持ちになりました。その時もっと日本の言葉と文化を学びたいと思いました。

ミニストップ・アルバイト・留学生・Yさん インタビュー
ミニストップ・アルバイト・留学生・Yさん インタビュー

日本の文化が学べる場

日本のコンビニは、僕の母国であるミャンマーに比べてもとても便利だと働いて感じました。商品ラインアップの多さや仕組み・運営方法に驚きもたくさんありました。また、明るく丁寧にあいさつする事を徹底することや、レジでお客さまをお待たせしないということが当たり前であることは日本のおもてなし、日本ならではの接客だとその凄さに気づきました。私は日本の生活や文化に触れることができる、このアルバイトが好きですね!

あなた”らしさ”が活きてる場所ってどんなところ?

私は日本が好きで日本に留学しました。私の強みでもある「笑顔」で、この仕事を通して皆さまに接していきたいと思っています。日本に来て驚いたのは「日本人ってたくさん働くんだな」ということです。私は22時まで働いていますが、仕事が終わった22時を過ぎても、街には会社帰りの方が多くいます。私がこの仕事でできることは、このオフィス街で頑張る多くのお客さまに、笑顔で明るく接客をすることです。元々「いつもニコニコしているね」「明るいね」とよく友達に言われますが、この仕事を通して笑顔がさらに増えたと思います!

留学生歓迎の募集店舗を検索する

他のインタビューをみる

< ミニストップのトップに戻る