ミニストップ 学びが沢山(大学生)インタビュー

今日も”らしさ”が活きている。 ミニストップ

ミニストップの。その人の。「らしさ」がつまった働き方インタビュー

お客さまをお待たせしないための周りを見る力、
臨機応変力、チームワーク、スタッフ研修指導・・・
将来に向けた学びの場がここにつまっています!

プロフィール

19歳、大学1年生。
高校2年生から始め、受験期間のために長期休みももらいながら勤続2年半。
シフト:週3日、17-22時。前期後期の授業構成に合わせ、
働き方を都度変更しながら学校と両立している。

ミニストップ・アルバイト・大学生・Tさん

ミニストップ・アルバイト・大学生・Tさん

ミニストップ・アルバイト・大学生・Tさん インタビュー

ミニストップで働こうと思ったきっかけ

きっかけは高校2年生の夏休みです。近所で働けて高校生でもできるアルバイトを探していて、条件に合うここで働くことにしました。初めてのアルバイトでしたが、学校の近くに店舗があり、「ここだとソフトクリームが作れるんだ!」というイメージもあったので応募しました。高校から大学に入るタイミングで続けるか迷いましたが、自分の成長感が得られるアルバイトであること、何よりも周りの先輩スタッフにかわいがってもらっていたので、居心地の良さで戻りました!

初アルバイトでもすぐに馴染めた理由

高校生だったので初めてのアルバイトでした。ソフトクリームを巻けるか不安でしたが、そこは難なくクリアできました!先輩が「ちょっと見てな!」と見本を見せてくれたりしたので、練習してコツをつかんでからは得意な仕事になりました。世話好きな先輩たちばかりで、すぐに安心して働けるようになりました。あとはアルバイトに入るときに、しっかり仕事の引き継ぎがあること、その日にすることが「ワークスケジュール」を見れば一目でわかることも、全体感をつかむことができて戸惑いなく仕事できました!

ミニストップ・アルバイト・大学生・Tさん インタビュー
ミニストップ・アルバイト・大学生・Tさん インタビュー

この瞬間が楽しい!

お客さまをお待たせしたくない!といつも心がけて仕事をしています。すぐにレジに行けるように、陳列作業をしていてもお客さまの動きは常に確認しています。レジでも「お客さまが急いでいそう」という状況を確認して、お客さまの動きに合わせてスピーディーな対応ができたときが本当に気持ちがいいです!例えば、お客さまがお金を用意している間に温め・袋詰めを進めたり、お釣りを渡すタイミングにも気をつけています。お客さまにも「気持ちが良いサービスだな」と思っていただけるよう、心がけています。

あなた”らしさ”が活きてる場所ってどんなところ?

現在Sスタッフという時間帯リーダーを任されていますが、スタッフの研修や育成などにも携わっています。同じように教えてもメモを「とる人」「とらない人」、1回目で覚える人と3回目で覚える人、さまざまな人がいますが、個々に合わせてただ伝えるのではなく、「伝わる」コミュニケーションを意識しています。将来の夢が学校の先生なので、そんなコミュニケーションひとつをとっても今後に活かせる自分”らしさ”が身についていると感じます。そして、アルバイトをしているときの「敬語を使って気合が入っている自分」も、学校にいるときの自分とは違う”らしさ”だなって思います!

学生歓迎の募集店舗を検索する

他のインタビューをみる

< ミニストップのトップに戻る